10月, 2013年

複雑そうで簡単なSNSサイト

2013-10-01

 出会い探しに欠かせないSNSサイトですが、未だ「サイト全体がゴチャゴチャしている」「機能が多すぎるし使い方が解らない・・・」―などの理由から、利用いない人も多いです。
 SNSサイトでなくとも出会い探しは可能ですが、何かと手間が掛かるもの。「これを機に、思い切って挑戦してみようかな」とお考えの方は、下記情報も参考にぜひご登録を。SNSサイトへの会員登録や利用は、思っているより簡単ですよ。
1.会員登録
  仮登録→本登録という流れが基本です。用意するものは『メールアドレス』だけで、仮登録を行うと、そのアドレスに本登録ページ用のアドレスが送付されます。このアドレスは期限付き(一定時間が経過すると無効)の場合が多いので、受信後は出来るだけ早く登録を済ませましょう。
  尚、フリーのメールアドレスを使用出来るSNSサイトも多いので、心配な方はメインアドレスの入力を控えましょう。
2.初回ログイン
  SNSサイトによっては、初回ログイン時に簡単な設定画面が表示されます。難しい項目は何ひとつないので、画面に従って設定を行いましょう。尚、ここでの設定はあとから変更可能です。
3.プロフィールページの設定
  SNSサイトにおけるプロフィールページは、広告看板であり、名刺でもあります。自分はどういった人物なのか、誰が閲覧しても理解し易いようにまとめましょう。何回でも追記・修正が可能なので、定期的に更新し、最新の情報を配信するよう心がけましょう。
 以上3ステップをクリアしたら、いよいろ出会い探しです。検索機能・ブログ・コミュニティ参加など、会員に接触する方法やタイミングは数多く存在します。受け身でも出会いは得られますが、自ら行動した場合との成果は雲泥の差です。本当に出会いが欲しいのなら、積極的にアプローチしていきましょう!

SNSは「優良」と「悪質」の二極化へ

2013-10-01

SNSサイトが日本に入って来て、もっとも話題を集め支持された登録方法は、ミクシーに代表される紹介制であった。
そんなスタイルの登録で普及するのだろうか?――こんな疑問を持った人たちも少なくはなかった。
けれども、そういった懸念は全く関係なく、特別感が独特のステータスになり安全に使えることを追い風になってあっという間に普及したのはご存知の通りだ。
その一方で紹介制では難しい客層もいるので、紹介制でないフェイスブックなどのSNSサイトも大きく成長してきた。
最近では旧来の出会い系サイトのクオリティーの悪さからSNSサイトで恋人を探すという風潮が出てきてる。
そうなると紹介制じゃない方が好都合だ――その結果として、非紹介性のSNSサイトが台頭してきた。
SNSサイトの大前提で、出会いを募集することは禁止行為になっている。
けれども現実的にはSNSスタイルの出会い系サイトがどんどんと誕生しているのである。
こうした出会いを前提としたものができてくると、クオリティーが落ちるリスクがある。
最終的にはSNSスタイルの出会い系サイトでも「優良」なサイトと悪質なサイトができてくるだろう。
それとSNSは年齢制限がないから18歳未満でも利用できる。
こういった点を犯罪者たちが見逃すはずはないから、今後注視する必要があるだろう。

近頃はソーシャルネットワークサイトでも男女が知り合えるみたい

2013-10-01

最近ではモバイルフォンやパソコンが非常に発達しているので、10人人がいれば、5人以上は所持しているのではないでしょうか。
そして、その発達とともにこれまででは知り合えないようなスポットの人とネットを介して交流することが可能になりました。
通常の男女が交流とは異なり、男女が交流するネット師後を通してコミュニケーションができます。
当たり前ですが、真面目に男女が知り合うことを目的に活用している人は存在しますが、男女が交流するタイプのネットサイトでは、近頃はトラブルや事故なども発生したり、ネットサイトを活用することを嫌がる人が増加しているように感じます。
そういった中でも、異性同士が交流することを希望して、自分からドンドンアクションしている人は多数存在します。
それは非常に健全なことですが、男女が交流するためのサイトで知り合ったことを人には話せなかったり、トラブルなどを意識して対面できなかったり、様々要因があって、アクションできない人も存在するのではないでしょうか。
そういった人に推奨できるのがソーシャルネットワークサイトです。
男女が交流するタイプのネットサイトというのはちょっと違いますが、人間同士が交流することに変化はありません。
そしてこのネットサイトよりも、一層親しくなれる確率があります。
こういったタイプのネットサイトを活用している人は、ネット内でブログをアップしていたり、自分の好きなものであったり、趣味などをアップしているのです。
そういったわけで話をするチャンスにもなりますし、自分の好きなものとマッチする人を発見しやすいというわけなのです。
そしてソーシャルネットワークサイトのメリットとしては、警戒心なくしっかりした異性との交流が可能ということです。
男女が関わるためのネットサイトでは、女性になりすました人間だったり、パートナーを信頼できるまでの時間が相当必要になってしまいます。
そういった部分が、ソーシャルネットワークサイトには存在せず、友人から親密になることも可能なんですね。
しっかりした男女の交流が、通常のネットサイトとは別のソーシャルネットワークサイトでも発見できるといいですね。

大手のSNSとニッチなSNSはどちらが出会える?

2013-10-01

グリーやフェイスブックなど、国内外問わず大手のSNSサイトには魅力的なサービスが沢山ありますが、最近ではそういったサイトの会員数は減少傾向にあるようです。
では、消えた会員はどこに流れているのかというと、それはニッチなSNSになります。
ニッチなSNSとは、趣味や属性に特化した小規模なSNSのことで、現在ではこちらが人気を集めているようです。
どちらが出会える確率が高いかといえば、正直言うとどちらでも大きな差はありません。
自分がどんな出会いを求めているかによって、使い分けていくのがいいでしょう。
大手のSNSでは、深い付き合いまではいかなくても、沢山友達を作ってみたいという人に向いています。
老若難所幅広い人が集まってきて、いろんな角度から相手のことを知れるので、新鮮な出会いが待っています。
いっぽうでニッチなSNSについては、自分とより気の合う友達が欲しい、ディープな付き合いがしたいという人に向いています。
似たような趣味や考え、属性の人たちが集まるわけですから、そこでの出会いは自然と濃いものになっていきます。すぐに親しくなれれば、現実での友達も作れる可能性が大きいです。友達以上の関係に発展することもあるかもしれません。
このように、ニッチと大手では出会いの性質が異なってきますから、お好みの方を選んでください。

トラブルと一言でいっても

2013-10-01

異性同士が親しくなるネットサイトとソーシャルネットワークサイトでの未成年のトラブルが減少するどころか、ますます増加すると言われています。
一時、未成年のトラブルが減少したと言われた時がありましたが、近頃ではまた増加している状況になっていると言われています。
未成年のトラブルと一言でいっても、トラブルに見舞われるのは、未成年だけではありません。
パートナーが18歳に達していないとわからずに女の子と楽しんだ男性が、その後警察につかまるということも頻繁に起こっています。
18歳に達していると耳にしても、それを信用してチョイスしたら、あとから18歳に達していないと判明したことも実際によくあると言われています。
男女が交流するタイプのネットサイトやソーシャルネットワークサイトには、年齢を確かめるものがあります。
この確認が厄介だからこのようなネットサイトは活用しないとそういった、厄介なやり取りのないネットサイトを活用するという男性は結構存在するのです。
しかし面倒になったからといって、年齢確認をいい加減にするだけで、18歳に達していない女の子とわからずにチョイスしてしまい、あとからつかまるなんてことになるのは、より最悪ではないでしょうか。
間違いなく年齢を偽って、男女が関われるネットサイトやソーシャルネットワークサイトを活用していて、そういったトラブルに見舞われてしまっては残念ですよね。
そういったトラブルに見舞われないようにするには、年齢を確認する制度のあるメジャーネットサイトを活用しましょう。
しっかりした男女が関わりをもつネットサイトやソーシャルネットワークサイトは存在します。
そういった男女が交流するネットサイトなどを活用するようにしましょう。
それが自分を保護するためでもあり、未成年をトラブルに巻き込まないやり方ともいえますね。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.